子どもが生まれた!学資保険の1万円をどう捻出する?




子どもが誕生したら学資保険、私もそうでした。

30年も前ですけど~


調べてみたら、もっとも多い掛け金の額は1万円。

私の時と変わりませんね~

取りあえず1万円、昔も今もそこは同じみたい。


1万円を中学卒業まで15年で180万円、

高校卒業まで18年で260万円。


教育費としたら全然足らないです。

足りないけど助かりました。


ネットで調べてみたら、

毎月1万円、全部で200万円というのが最も多いとか、 
以下はハロー保険さんのブログからの抜粋です。 

 

大学を受験・入学するとき、以下のように色々なお金がかかってきます。
・受験する大学に支払う受験料
・受験にかかる宿泊費や交通費
・アパートにかかる敷金礼金や家賃
・新生活にかかる家電や生活用品費
・入学する大学の入学金や授業料
そしてこれら全体の平均が、だいたい200万円なのです!!

 

なるほど―


収入も少ない若い世代には、毎月1万円はちょっと苦しい・・

というのが本音ではないかな?


いろいろな捻出の方法がありますよね。

外食を減らす?
ケーキやたばこなど、間食や嗜好品を減らす?
車の買い替えを延ばす?
3万円のおこずかいを2万円にする?
タクシーに乗らない?


こっちのドラッグストアで洗剤が300円だった、うれしい!

でもあっちの店で280円で売っているのを発見した。
悔しい・・たった20円なのに悔しい・・


なのに、高いのに、
もし、まだ、ドコモ・au・ソフトバンクでスマホを契約しているなら、
格安シムへの乗り換えはどうですか?
今の支払いが夫婦二人で2万円以上なら、1万円の捻出はできると思います。

 

ペンギンモバイル格安シムとの料金比較は こちらから

 





 

投稿者: penguin-mobile.sasatora

好きなことは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です