人気の UQモバイル、Y!モバイル2社と、ペンギンモバイルを比較してみた

ペンギンモバイルは利益を目的としていない一般社団法人です。

アフィリエイトも出してないから、比較サイトにもなかなか上がってこないですね。

そこで、他のサイトも参考にしながら自分なりに比較してみました。


UQ、ワイモバとペンギンの比較表

表にして比較してみたのはこちらです。
それぞれ、最も近いプランを比較しています。

ちなみに、ペンギンモバイルには 6GB 1,980円 のプランもあります。




容量と料金のコストパフォーマンスは?


さすが格安シムだけあって、3社とも安いです。

その中でも ギンモバイル のコスパはかなり優秀です。



比較する際の注意点

比較するときは、条件を同じにして比較する



比較するとき注意することは、条件を同じにしてみること。


例えば、ギガ数が異なっているなら、1ギガあたりいくらになるか計算してみます。


上の表では、UQとワイモバは、 3GB 1,980円 ですが、
2台目からは割引になって、 3GB 1480円 

安い!! と思うけど、

そうかなー


ペンギンの方は2台目も 3.6GB 1600円ですから、
両方計算してみますね。



[ UQ、ワイモバ ]
1480円 ÷ 3GB = 493.3円    
1ギガあたり 約493円です。

[ペンギン]    
1600円  ÷ 3.6GB = 444.4円    
1ギガあたり 約444円です。  


こんな感じで条件を同じにしてみます。


最大容量のプランもやってみました。

[ UQ、ワイモバ ]
3,980円 ÷ 14GB = 284.3円
   
1ギガあたり 約 284 円です。

[ペンギン]
4,860円  ÷ 50GB = 97.2円    
1ギガあたり 約 97 円です。


特典やキャンペーンの長期コストへの影響を見極める


セールだとつい買ってしまう。 私もそうです。


失敗したなーと思った一番の経験は、
クレジットカード会社からの保険勧誘でした。

1年間無料に惹かれて契約。
はっと気づいた時には月々5000円以上の出費に。


1年後には解約しようと思っていたはずが、
日々、忙しかったりでそのままに。涙です。



通信費も保険と同じで、何年も長く続ける性質のもの。

A社、B社 2つの会社の料金で悩んでいると想定して、

特典やキャンペーンがどのくらい得なのか、

UQモバイルの WEB特典6000円キャッシュバックをヒントに、

新規契約で6,000円がキャッシュバックされると仮定して考えてみました。


6,000円キャッシュバック どのくらいの威力があるのか?


まとめて6,000円が戻ってくるのは、庶民には大きい金額。

新しいスマホが6,000円引きで購入できるということですね。

私も心が動きます。


でも、ちょっと心を落ち着けて、
ひと月あたり、どのくらいお得になっているのかを見てみます。

6,000円 ÷ 12か月(1年)= 500円/月 
6,000円 ÷ 24か月(2年)= 250円/月

つまり、
1年では、ひと月あたり500円お得
2年では、ひと月あたり250円お得


2つの会社の料金の差が500円なら、
キャッシュバックの効果は1年で終了。
2年目以降は、毎月毎月500円高い料金を払い続けることに。


キャッシュバックは最初のインパクトは大きいけど、
長く使うほど、月々の料金が安い方が無駄な出費がなくなります。


月500円は小さい金額ですが、1年6,000円、5年で30,000円。

新しいスマホを30,000円引きで買い換えられますね。

家族4人なら、月々2,000円、1年で24,000円、5年で120,000円にもなります。




自分にとって最適な容量、プランを見つけましょう!

最初に、自分に必要なギガ数(容量)を確認します。

 
自分に最適なプランを見つけるには

まずは、自分がどの程度の容量が必要か、
契約している会社のマイページやショップで現在の使用量を確認してみてください。


何ギガくらい必要ですか?


現在使っているギガ数の平均値にしてしまうと、
足りない時にデータチャージが必要ですね。

最も多い月を参考にしてみましょう。


もし、ひと月だけ多かった、ということなら、データチャージも良いでしょう。


ペンギンモバイルのデータチャージなら、1GB 500円と断然お安いので、
万が一足りない場合も安心だし、継続的に不足するならネットで契約を簡単に変更できます。


なんとか収まっているけど、
月末には、いつもデータ量を気にしているのであれば、
多めのギガ数にするのが安全です。


始めてスマホを持つ場合は、


ガラケーからの乗り換えや、小中学生のスマホデビュー、あるいは動画やゲームをほとんどしない方なら、3GBもあれば十分。


一般的なネット検索やラインを良くする人なら5~6GB 、


動画を見ることが結構多いなら10~12GBくらい必要かも。


ずーっとYouTubeを見ていたり、ゲームをする人や、
Wifi代わりにデザリングに使うなら、20GB以上必要ですね。



ご参考に。




速度はどうか? 3社とも速いらしい。

残念ながら、3社の速度を比較した新しいデータは見つからなかったので、
ホームページからの抜粋や他サイトからの抜粋、
代理店仲間から貰ったデータなどから見てみました。


UQモバイルとワイモバイルの比較では、どちらも速いがワイモバイルが勝っているとするサイトが多い

UQモバイルとワイモバイルの比較は、たくさんのサイトがありました。
私が閲覧したサイトのすべて、
ワイモバイル がトップでしたが、UQモバイルもかなり速いとの結論でした。


「格安シム 速度」で検索してみてください。


ペンギンモバイルの速度は?

下表は2019年、9~10月のデータ(ホームページに掲載)です。

その下は、 他の代理店さんから頂いた 、
2029年10月4日に愛知県で測定したデータです。


ペンギンはモバイルでは、2 Mbps を下回るのを目安に、

借り受けている電波を買い増しして、安定した速度を維持しているので安心です。






いよいよプランを選びましょう

あなたに適した容量をチョイス!



UQとワイモバイルのプランは、 3GB、9GB、 14GB の3つ
ペンギンモバイルのプランは、3.6 GB、 6 GB、 12 GB、 50 GBの4つです。


あなたに適した容量を選んで下さい。金額を比較してみましょう。


ペンギンモバイルに、 12GB~50GBの間のプランがないのですが、

以前、24GB 4,860円、36GB 6,040円という時期があり、
両方をかねて、36GB 4,860円一本になりました。


そして今月(2020年2月)、
料金そのままで が50GBに容量アップしたのです。凄いねー 😯 



どのくらい電話を使うか、
自分の使い方を振り返ってみましょう。


次は電話の使い方です。

ほとんどライン電話、固定電話や電話番号にはめったにかけないなら、
無料電話やかけ放題はいりませんね。


逆に、やはり電話を毎日使う、
あまり使わないが使うときは長電話になるいう方なら、
無料電話やかけ放題プランが必要です。

キャリアの5分かけ放題(無料通話) は、
ほとんどの電話が5分以内で終わるから、という理由付けでした。
でも、たった1回の長電話が高額請求につながってしまいます。


uQモバイルの無料通話は、10分 700円

Y!モバイルは、10分で、料金に含まれるとのことですが、
UQとの料金の差額分 700円が これに相当すると考えられます。

ペンギンモバイルは、15分 1,250円です。



自分に必要なサービスを考える


たくさんのニーズに応えようとすれば

当然たくさんのサービスが作られて提供されます。

たくさんのサービスを運営したり、PRするには費用がかります。

サービスの多さは、必ず価格に乗っかってくることになります。


現在使っていないサービス、他でも代替えできるサービスは
いらないサービスだと思います。

自分の使い方を振り返り、必要なサービスを厳選すると、節約につながります。


それぞれの特徴とまとめ

UQモバイルのプランはペンギンに近くて割とシンプルです。コスパはペンギンには劣りますが、Y!モバイルには勝っていました。


Y!モバイルのプランは、やはり3大キャリアに近く、
サービスが多く複雑な分、料金が高いです。
最初はUQと同じ価格ですが、その後価格が高くなります。
無料電話がプランに含まれるなど、全体的に分かりにくい印象です。


ペンギンモバイルのプランはシンプルです。
細かい割引などはないのですが、
なくてもコストパフォーマンスが最も良かったです。
特に大容量の50GBは、1GBあたり97円と100円を切りました。


速度は、同条件で3社を較べているデータが見つからなかったのですが、
3社とも、動画の再生なども、安定してストレスのない速度を保っているようです。



比較検討してみて思ったこと


簡単な比較検討でしたが、やってみてわかったことがあります。


きめ細かいサービスと広告には、相応の費用がかかり、
料金に跳ね返っているだろうということ。


スタート時の安さ、キャンペーンは、冷静に考えてみることが必要なこと。

もちろん、同じ会社なら、キャンペーンのある時がねらい目ですから、
通常料金で比較しておくのが良いですね。





最後にPR
通信は、電気、水道、ガスと同じく、
いまやなくてはならないライフラインです。

ペンギンモバイルは、安くて質の良い通信を提供しています。




商品情報、お問合せ、お申込みはこちらから
ペンギンモバイル埼玉WEBショップ


楽天の新プランを ペンギンモバイルと比較してみました。

3月3日、ドコモ、au、ソフトバンクについで、

4つ目のキャリアとなった楽天モバイルが自社回線の新しいプランを発表。

電話もインターネットも使い放題 2,980円のワンプラン。

世界初だそうです。しかも1年間は300万人が無料だとか・・・。

やはり、資金力のある大手はすごいな~と思います。

発表されたプランを検証しつつ、ペンギンモバイルと比較してみました。



楽天モバイル 2,980円 「 UN-LIMIT 」の具体的な内容は?


楽天モバイルのプランの具体的な内容を知るには

現在の楽天モバイルの基地局がどのくらい整備されているか

また、どのような通信機器が必要かを理解しておく必要があるようです。

楽天モバイルの基地局の整備はどうなっている?



2020年3月現在、楽天モバイルの 自社回線の提供エリアは、

東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、神戸と大都市圏。

下図は、東京のサービスエリアの一部ですが、濃いピンクが楽天回線エリア、

薄いピンクがKDDI回線のエリア。

楽天回線だけで賄えるエリアが本当に少ないことがわかります。



エリア内でも、建物内や地下鉄の駅構内までは整備されていないようです。

自社回線がないところでは、自動的にKDDI(au)の電波に切り替わります。

総務省に提出している建設計画より前倒しで基地局を 整備していますが、

全国にいきわたるのにはかなり時間がかかりそうです。

楽天モバイルの新プランでは ⅰphone が使えない?


楽天モバイルの自社回線では、残念ながらiphoneが使えません。

というか、検索すると、機種によりネットが使える iphone はあるようですが、

無料通話や無料メッセージのアプリ「 Rakuten Link」 が 

iosに対応していないから使えないのだそうです。




では、アンドロイドはどうでしょう。

アンドロイドは、
楽天とKDDI(au) 両方の電波の受信が必要


楽天モバイルが割り当てられたのは 1.7GHz帯(Band 3)

楽天回線がない場合はKDDI(au)回線に切り替わるので

両方の電波が受信できるスマホならOKなはずなのですが

楽天モバイルのHPには次のような注意書きがありました。


「 スマートフォンのご準備はお済みでしょうか?
楽天モバイルSIMは、楽天回線対応製品以外での動作保証はしておりません。
楽天モバイルSIMとあわせて製品のご購入をお願いいたします。 」

対応製品とは、今回の自社回線に合わせて発売した製品と、

これまで楽天モバイルが格安スマホとして販売していた製品です。

それ以外の製品の場合は、自己責任ですよということが書いてありました。

大事をとれば、スマホを買い替えるのかも知れません。


楽天回線用に スマホを 準備するなら、

1年目の料金無料で、2,980円×12か月=35,760円。

新しく、ミドルクラスのスマホ購入の代金分にはなりそうです。


新プラン 2,980円 「 UN-LIMIT 」電話もインターネットも使い放題は楽天回線の時だけ



電話もインターネットも上限なしで使えるのは楽天回線利用の時だけ。

au回線に切り替わると、

インターネットは月2GBまではプランに含まれていますが、

これを超えると 1GBあたり500円が追加になり、

電話は30秒20円になってしまいます。


また、1年間は300万台の料金が無料ですが、

無料なのは 2980円の部分だけなので、


KDDI回線の通話や、2GBを超えたインターネット代、

オプション代などは有料となるようです。


楽天モバイルの「UN – LIMIT」では、KDDI回線の利用が多いほど増える


つまり、楽天モバイルの「UN-LIMIT」の料金は、

1年目無料、2年目以降2980円が基本料金で、

KDDI回線を利用するほど増えていくということになります。


楽天回線とau回線のどちらを使っているのか現状では表示されないのは悩ましいでいね。

知らないうちに切り替わり、

知らないうちにスマホ代がかさんでいくこともありそうです。

楽天モバイルとペンギンモバイルの料金比較


楽天モバイルの「UN-LIMIT」とペンギンモバイルの料金比較をしてみました。


楽天モバイルは、自社回線利用部分とau回線の2GBまでは

1年間は無料、2年目以降は2980円と一定ですから

これを基本料金として、KDDI回線の使用状況でどう変わっていくのか

1年目と2年目以降の2パターンで試算し、下表にまとめました。


比較するための条件設定は次のとおりです。


【ペンギンモバイル】
すべての音声プランに15分かけ放題(1250円)をつけ、15分を超える通話はない。
キャンペーンを適用しない通常料金
※ 2020年3~5月は初月無料、2か月目と3か月目が各100円のキャンペーン
  をやっています。


【楽天モバイル】
1年目は、
KDDI回線 2GB を含む基本料金が0円 
KDDI回線 2GB を超えると1GBごとに500円
KDDI回線 の通話(30秒20円)が 1か月15分(1日あたり30秒)
 
2年目は、
KDDI回線 2GB を含む基本料金が2980円 
KDDI回線 2GB を超えると1GBごとに500円
KDDI回線 の通話(30秒20円)が 1か月15分(1日あたり30秒)

※ 楽天モバイルのKDDI回線の電話を月15分として試算しているので、
  月30分なら倍の1200円、45分なら1800円と増えることにご注意ください。


表が小さくて分かりずらいのですが、
すべてが「UN-LIMIT」の中で納まれば、
確かに楽天モバイルはかなり安い印象です。


実際はどうなのか、

KDDIの利用が、1ギガの場合と10ギガの場合で見て見ました。

表の一番左の数字がギガ数です。

1ギガの場合
【ペンギンモバイル】
 3.6ギガまでのプラン1600円+かけ放題1250円の2850円

【 楽天モバイル 】
 1年目
 KDDI回線の1GBはプラン内なので 
  0円 +通話延べ15分/月600円 = 600円

 2年目
 2980円 +通話延べ15分/月600円 = 3580円

10ギガの場合
【ペンギンモバイル】
 12ギガまでのプラン2980円+かけ放題1250円 = 4230円

【 楽天モバイル 】
1年目
KDDI回線の10GBは8ギガを追加するので 
0円 + 8×500円 +通話延べ15分/月600円 = 4600円

2年目
2980円 + 8×500円 +通話延べ15分/月600円 = 7580円


楽天モバイルの 「UN-LIMIT」 にメリットが大きい人は?

楽天モバイルの「UN-LIMIT」のメリットが大きいのは
都会のど真ん中の楽天回線エリアで1日中過ごしている人。

電話やネットの使用が多いヘビーユーザーほど、そのメリットは大きくなります。


楽天回線内でも、WIFI環境が整っていたり、
元々、1~3ギガ程度で間に合っている方には、かえって割高になりそうです。

ちなみにペンギンモバイルは、3.6GBに15分かけ放題で2850円。

電話はめったに使わない人なら、3.6GBかけ放題なしで1600円です。


KDDI回線エリアと楽天回線エリアを行き来している人にとってのメリットは?


郊外から通勤、通学しているなど、KDDI回線エリアの滞在時間がある場合をみてみます。

先に書いたように、楽天回線とKDDI回線のどちらとつながっているのかわからないので、現時点では、不安を持ちながら使うことになると思います。

「心配せずに使いたい」方にとっては、現時点ではその条件が整っているとは言えません。

2年目以降は、

基本料金の2980円自体、ペンギンモバイルの3.6GB+15分かけ放題の2850円を上回ります。

KDDI回線での通話が入っただけで料金が上がってしまうので、現状でのメリットはあまりないと感じます。


つい長電話してしまう方、移動中はずっと動画を見ているという方などは

高額請求につながるリスクもありますね。

まとめ




1  楽天回線のエリアは、今のところは大都会のど真ん中だけ。
「UN-LIMIT」 は、楽天回線のエリアが広がってはじめて効果がある。
現在は、大都市圏以外にメリットはなさそう。

2 300万人1年間無料は楽天回線とKDDI2GBの2980円部分のみ、それ以外の電話、ネット、オプションは有料。

楽天回線、KDDI回線の移行はユーザーには分からないため、KDDI 回線の時には 電話やネットを 使わないような対処はできず、高額請求のリスクがある。

3 楽天のアプリはアンドロイド用しかないため、iphone が使えない。アンドロイドでも買い替えが必要になる可能性。
2980円1年間無料(35760円)は、新しいミドルクラスのスマホ機種代くらいの額になる。



以上より、現段階では、
楽天回線エリアに行動が限定されている一部の方以外には、
楽天回線にするメリットは薄く、今後の状況を見極めることが必要のようです。


今後、技術開発が一層進み、社会も変化していきます。
ライフラインの一つとなった通信の在り方も変化していくと思います。



そして、今後も各社がしのぎをけずり、
魅力的なプランを展開するでしょう。


でも、結局は、自分がどのように通信を使っているのか、
使いたいのかということに尽きるように思います。



まずは自分を知るところから・・・かな?



ペンギンモバイルはユーザーファーストを続けています。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。



(2020.3.11  一部加筆、修正)
( 2020.4.2 一部修正 )

格安シム・格安スマホの比較サイトに、ペンギンモバイルが出てこないのはなぜ? 

 

ペンギンモバイル、
本当にいいのか比較してみたいけど・・・

新しいサービスや商品を買うなら、だれでも一番いいと思うものを買いたいですよね?

 

インターネットが普及していない時代は、良く行くスーパーや電気屋さんのチラシを較べたり、実際に店舗まで足を運んでいました。

 

今は、価格com などの比較サイトや、アマゾンや楽天などのネットショップのプラットフォームでも検索すると最安値が出てきます。

私も、たとえば中古の本を買う時はネットで比較して買います。

状態が良くて、商品の価格+送料 が安くて、ポイントがたくさん貰えるもの・・探しますね。

 

格安シムも同じ。

でも、ペンギンモバイルは比較サイトに出てきません。

 

 

ペンギンモバイルが、
比較サイトやおすすめサイトに出てこない理由は?

 

ペンギンモバイルが比較サイトやおすすめサイトに出てこない理由は、

ズバリ! 
「アフィリエイトをしていないから」ではないかと思います。



ネットで検索してみると、やはり出てきました。

『アフィリエイトで稼げるジャンル』の中に。


ちなみに、
格安シムのアフィリエイトでどのくらい報酬になるのかを、

最大手と言われるA8netで調べてみたら・・・。


(2020.1.8  A8net 調べ)
SIMのみの契約1件当たり
A社 1500円
B社 4000円(キャンペーン中)
C社    6000円
D社    1200 円
端末付きの契約1件当たり
A社 3500円
B社 5800円(キャンペーン中)
C社 6000円
D社 4800円


へぇ~
各社とも相当な宣伝料をかけているんですね。

 

 

 

ペンギンモバイルは、ユーザーファースト

比較サイトにはなかなか出てこないけど、
ペンギンモバイルは価格と通信速度にこだわって、
ユーザーファーストを貫いています。

 

詳しくは記事にまとめていきますね。

 

ほんの少しですが、
価格と速度について、
他の格安シムとの比較情報をホームページに掲載しています。
ぜひ、のぞいてみてくださいね!